株は稼げるか? 副業として暦7年のサラリーマン投資家が解説

株は稼げるか? 副業として暦7年のサラリーマン投資家が解説

株でお小遣いを稼ぎたいけど、損失をだしたっていう話も聞くし怖いなぁ。
素人でも利益がでるものなのかなぁ。
始めるのしてもどうやって買う銘柄を選んだらよいんだろう。

こんな疑問に答えます。

本記事の内容
・株を始めるか迷っている人向け:株式投資の心得
・投資情報の調べ方が分かる

株で儲ける事は可能です。

ブログで株の成功談を見ればいくらでも出てきます。
仮想通貨でも億り人(1億円以上稼いだ人)が新聞をにぎわせましたね。

ただし、これらの人々は元々お金を持っていた人です。
少し考えれば分かることで、仮に元手が倍になっても1億円以上稼いだ人は元々1億円投資していたことになるのですから。
それでは我々一般サラリーマンはどうすれば良いのでしょうか。

まずは100万円の元手を用意する

仮に10万円を投資したとして、倍になっても高々年10万円の利益です。
これだと月に一回会社の飲み会を断って節約した方がまだ確実です。(もちろん同期のような仲の良い集まりは別ですが。)
そして、普通は多くても10~20%の運用利回りしか出ません。これだと飲み会一回で消えてしまいます。

とすると、ある程度インパクトのある利益にならないと株式投資をするメリットがありません。
お勧めは、まずは年100万円の元手を年利20%を目標に投資することです。
ちなみに、ウォーレンバフェット(有名なアメリカの投資家)の年平均の利益が20%前後だそうです。

仮に100万円を年利20%、10年運用できると

1年目:120万円 → 2年目:144万円 → 3年目:173万円

と複利効果で上がっていき、10年目には620万円になります。
難しいようですがこれが理想形で、最低限でも10年運用したら元手の倍になるように運用を心がけましょう。
実際は平均すると年利10%程度が普通ですので、運用がのってきて自分に向いていると思ったら元手を増やしていきましょう。

ちなみに筆者は
2016年の利益:120万円
2017年の利益:80万円
2018年の利益:-0.7万円

でした。
2016年と2017年は期待通りの利回りがでています。
2018年は年末の東証株価大暴落に直撃して前半の利益がほぼ相殺されたのと、
そもそも後半は子育てと本業サラリーの方に注力していてトレードをほぼしていなかったのが原因です。
サラリーマンの方も昼休みとか行き帰りの電車の中で保有銘柄の確認くらいはしましょう。
私みたいに利益をふっとばしたくなかたら・・・。

投資銘柄の探し方

初めての投資にはTOPIX Core30から四季報や決算情報などを参考に業績の上がりそうな会社を選ぶと良いでしょう。
TOPIX Core30とは東京証券取引所の中から、時価総額、流動性の特に高い30銘柄に選ばれた会社です。

業績の上がりそうな会社を選ぶなんて難しいと思うでしょうが、これらの会社はBtoCで一般消費者にサービスを提供している会社も多いです。
銀行なら、

・8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ
・8316 三井住友フィナンシャルグループ
・8411 みずほフィナンシャルグループ

通信系なら
・9437 NTTドコモ
・9433 KDDI
・9984 ソフトバンクグループ

などがあり、この中から自分が利用し続けたいと思える会社を選べばOKです。
BtoB企業はもっと企業研究してから手をだしましょう。

なぜTOPIX構成銘柄を買えばOKかというと、株式市場の大きな買い手である日銀がTOPIX構成銘柄を中心に購入しているからです。
2019年時点では業績が良い企業ならTOPIXや日経平均の株価指数と連動する場合が多く、悩んでも意味がありません。

もちろん投資の前には四季報で負債額などの財務状況をしっかりと確認しましょう。
https://shikiho.jp/

まだ証券会社の口座を持っていない方はSBI証券がお勧めです。
https://www.sbisec.co.jp/ETGate

株を購入するタイミング・心構え

さて、証券会社に口座を作って投資する株が決まったら次は購入です。
でもちょっと待ってください。今すぐ購入するといきなり損が出るかもしれません。

株式のトレンドとしてはここ10年ほどは上り基調ですが、どこかの調整局面というものがあります。
せっかく投資したお金を無駄にしないためにも、まずは自分がお買い得と思える額になるまで待ち総資産の10分の1ほどを投資します。
もちろん今がその機会だと判断したら今購入します。

これで上がればそれでよし、もし下がったら保有株の会社状況を再度確認し、
投資の価値があると判断すればさらに10分の1を投資、これを3段階ほどもてるようにします。

100万円の投資なら10万円を3回分。
自分の選球眼があっていれば、この3回分の防御網を突破して損を出ることはないはずです。
※投資は自己責任です、もし防御網が破られ1年経っても復活しそうに無いなら株を売却することを検討しましょう。

それでもプロに勝てる気がしないんだけど

証券会社勤めのプロと一般投資家の差は時間を味方に出来るか否かです。
プロは決算の1年、または四半期、さらには投資信託の毎月配当のある1ヶ月単位で成果(利益)が必要ですが、
我々一般投資家は違います。

その株のポテンシャルを信じて、3年5年持ち続けることも可能です。
デイトレードのような成果を期待するのではなく、利益が出るまで数年かかること視野に入れて、
一時の乱高下で動じない胆力が必要です。

なお私は胆力がないので、投資の元手は最初から無いものとして考えることでこれを克服しています。

みなさん一緒にがんばりましょう!